home HOME → 糖尿病にならないためのストレス発散法 → 健康体を保つためには上手にストレス発散を

健康体を保つためには上手にストレス発散を

健康体 ストレスが蓄積されたことが要因のひとつとも言われている糖尿病。生きていればストレスがたまることは必然なので、いかにそのストレスを発散するかがカギになります。ここではストレス発散方法をいくつかご紹介します。

上手にストレスを発散するために

自分の好きなことを毎日の生活に取り入れることで、上手にストレスを解消させることができます。例えば音楽はどうですか? どんなジャンルの音楽が好きですか? 昔よく聞いていた音楽を久しぶりに聞いてみるのもいいですよね。リラックス効果のある音楽をご存知ですか? ヒーリング音楽と言って、波の音や川のせせらぎ、雨の音、焚き火の音などの自然音を聞きながらリラックスできるというものです。そのCDを聞きながら読書をするのはどうでしょうか。寝る前にタイマーをセットしてヒーリング音楽を流すと寝つきがよくなるという体験談もあります。

リラックスグッズを上手に使いこなそう

私たちの体には色んなツボがあります。そのツボを刺激すればストレス解消に繋がることは皆さんご存知の通りです。今は100円ショップにもツボ押しグッズが売られているので、手軽にリラックスライフを送ることができるのは嬉しいですね。特にお風呂に入っているとき、お風呂上りで体が温まっているときにツボを刺激することで効果が高まります。色んなツボを刺激して、上手にストレス解消に繋げてくださいね。

散らかった部屋はストレスがたまる

整理整頓ができていない部屋はどうしても落ち着きません。なんとなくソワソワしたり、イライラしたり。リラックスできない部屋で毎日過ごしていれば、必然的にストレスがたまるのは当たり前のことですね。整理整頓を心がける、掃除をしてほこりや汚れのない綺麗な部屋を保つ、これだけで快適に過ごすことが可能になります。部屋を片付けたり、掃除したりすることそのものもストレス発散になりますね。散らかった部屋がどんどん綺麗になっていく様子を見ているだけでも気持ちがすっきりしてくることでしょう。

日帰りの小旅行だってリラックスできる

旅行と言うと泊りがけのイメージがあるため、まとまった休みがなければ旅行なんてできないと考えている方が多いようです。日帰り旅行だってじゅうぶんストレスを発散することができるんです。案外地元の観光名所を知らないという方も多いんですよね。地元の隠れ名所を巡る旅行なんて素敵ではないでしょうか。知っているようで知らなかった自分が暮らす街を巡れば、新しい発見があり、それが喜びにも繋がるかもしれません。カメラを片手に写真を撮ったり、お弁当を持って外で食べたり、時間を気にせず遊べるのも日帰り旅行の醍醐味かもしれません。

ストレスを感じていない人はいないでしょう。それぞれ置かれている立場に違いがあっても、やはりストレスを感じるのが私たち人間ではないでしょうか。それを上手に発散できる人が健康体を保てる人なのかもしれません。自分は人よりストレスを感じやすい、ストレスがたまりやすいと実感している方は、日ごろの生活を見直してストレスを上手に解消する方法を見つけていきましょう。思っていた以上に体も心もすっきりするはずですよ。