home HOME → 糖尿病にならないためのストレス発散法 → 普段口にするものとストレス解消の関係性

普段口にするものとストレス解消の関係性

口にするもの 何気なく食べている毎日の食事は、私たちが感じているストレスに大変大きな影響を与えています。ここではどんな食材がストレス解消にオススメなのか、その効果も交えてお話していきましょう。

カカオでストレス解消

フラボノイドという成分が含まれているカカオ。リラックス効果が期待できる食物としてお勧めします。最近はストレスとカカオの関係性も有名になってきており、それを前面に出したチョコレートもたくさん売られていますね。気持ちがイライラしたときに効果が期待できるフェネチアルミンも含まれているので、バッグや引き出しの中にチョコレートを忍ばせておくといいかもしれません。

牛乳でストレス解消

寝付けないとき、寝る前にホットミルクを飲むといいという話をよく聞きますね。このとき、寝る前ということを考慮して砂糖を入れずに飲むことをお勧めします。どうしても甘みが欲しいという場合はハチミツなどを変わりに使うといいでしょう。ヨーグルトにも同様の効果が期待できるので、夏場暑い時期などは飲むヨーグルトを飲んでもいいかもしれません。

アーモンドでストレス解消

食物繊維をたくさん含んだアーモンド。アーモンドはそのままおやつとして、おつまみとして手軽に食べることができるので簡単ですね。カカオが含まれたチョコレートとアーモンドが一緒になったお菓子もありますし、アーモンドはそのままスライスすればサラダのトッピングとしても美味しく頂くことができます。しっかり噛むことでストレス解消になりますし、その結果として血流がよくなるので体内の老廃物を排出するという働きにも期待できます。

ブルーベリーでストレス解消

視力回復に効果的として知られているブルーベリー。実はストレスを和らげる効果も期待できることをご存知でしたか? うつ病、不眠症などに効果が期待できるのは、マグネシウムやビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれているからなんです。人間の体はストレスを感じるとコルチゾールという物質を分泌するのですが、ブルーベリーを食べることによって、このコルチゾールを抑制してくれる働きもあります。抗酸化作用もあるので、体の老化を遅らせる効果もあります。

お酢でストレス解消

疲労が蓄積されたときはお酢が効果的という話はよく聞きますね。お料理番組などでも疲れがたまったらお酢料理!と力強く訴えています。お酢の効果ですが、知らず知らずに緊張していた体と心をほぐしてくれますので、リラックス効果がバツグンといえるのではないでしょうか。お酢料理を思い浮かべてみても、酢の物や煮物、肉料理、魚料理、サラダなどバラエティ豊かに楽しむことができます。例えばお稲荷さんなどは大豆が含まれている油揚げと、酢飯の効果でストレスに大変いいメニューとしてオススメですよ。

ストレスがたまった状態だと、食にまで気が回らないというのが本音かもしれません。しかし、それでは免疫が低下し、必要以上にカリカリ、イライラするなど体と心に悪影響を及ぼします。ストレス発散に効果的な食べ物を意識して、「ちょっと疲れてるかな」「イライラしやすくなったかな」という場合はぜひ積極的に取りいれてみてください。