home HOME → 糖尿病の検査について → 信頼度は血糖値より上?HbA1cとは?

信頼度は血糖値より上?HbA1cとは?

HbA1c 高血糖や糖尿病の検査と言えば血糖値の測定や尿検査などがまず思い浮かびますよね。 しかし、血糖値は一日のうちでも上下しますし、食事の影響を受けやすいというデメリットがあります。

また、糖尿病であっても尿中に糖が出ないこともあるため、信頼度100%とも言い切れないのが現状です。 そこで、最近では血糖検査に加えて、ヘモグロビンA1c(HbA1c)を検査するのが一般的になっています。

HbA1cって何?

赤血球蛋白質であるヘモグロビンに余分なブドウ糖が結合してできたものをグリコヘモグロビンと言います。 ヘモグロビンA1c(HbA1c)はこのグリコヘモグロビンの一種で、糖尿病ときわめて密接な関係があるとされています。 あまりなじみがないかもしれませんが、採血で簡単に調べることができるので、最近では健康診断の項目に含まれていることも多いようです。 手元に検査結果表があったらチェックしてみてください。

調べるとこんなことがわかる!

ヘモグロビンは赤血球中に大量に存在し、血液を通じて全身に酸素を運ぶ働きがあります。 不足すると貧血や血行不良、動悸や息切れを引き起こすことはよく知られていますよね。 赤血球の寿命はおよそ4カ月(120日)ほど。 その間ずっと体中をめぐっています。 つまり、高血糖や糖尿病によって血液中のブドウ糖が過剰になると、ヘモグロビンに結び付く量もそれだけ多くなり、HbA1cの値も高くなるのです。 このため、HbA1cは赤血球の寿命の半分、過去1~2ヶ月の血糖の状態を推定できるとされています。 食事に影響されないのもメリットです。採血まで空腹を我慢する必要もありません。

HbA1cは今現在の状態よりもこれまでの経過を知るのに適した検査です。 例えば、血糖値は前回よりも下がっているが、HbA1cは上がっている…これは血糖が「たまたま」低かっただけで、この1ヶ月ほどの状態があまり良くなかったということが推測できるのです。 また、 平均血糖値=28.7×世界基準値(NGSP値)-ヘモグロビンA1c値-46.7 という計算式で過去1~2ヶ月の平均血糖値を求めることも可能です。 値の変動を見ることで、医師が食事療法などの治療の効果を確認する目安となるのです。 患者自身にとっても、努力の結果が目に見えてわかるので、継続しよう、もっと頑張ろうという気持ちの原動力となることでしょう。

正常値が2種類?どちらを信用すればいい?

2012年4月1日より、日本糖尿病学会はHbA1cの表記法をそれまでのJDS値から国際標準値(NGSP値)に改めました。 これにより、検査値や正常値などの数値が全体的に0.4%高くなるため、過去の結果を参照する時は注意が必要です。 JDS値ではHbA1c6.8%は血糖コントロールが不充分とされますが、NGSP値であれば「良」となる、といった判定の相違も表れるからです。