home HOME → 糖尿病を未然に防ぐ

食の知識さえ知っていれば、糖尿病の予防は簡単!

食の知識 中年にとって糖尿病はとても恐ろしい病気です。「できれば未然に防ぎたい」と思うのが普通でしょう。「肥満にならない・解消する」ことが一番の予防策ですので、もっとも身近な食事を改善していきましょう。「食の改善って難しそう」と思うかもしれませんが、実は簡単です。ちょっとした知識さえ覚えてしまえば糖尿病は予防できます!

さまざまな病の引き金になる糖尿病

さまざまな病 糖尿病は恐ろしい病気のひとつです。血中のブドウ糖濃度が上がり、エネルギーが適切に使われなくなってしまいますが、初期にはほとんど自覚症状がありません。しかし徐々に体をむしばんでいます。悪化すれば血管や神経に大きな悪影響が出てきます。脳卒中や心筋梗塞の引き金になります。失明などの危険性も出てくるでしょう。
さまざまな合併症を起こしてしまうところに糖尿病の怖さがありますが、中年男性にはさらに恐ろしいことが起きてしまいます。それは「ED」です。実は糖尿病は勃起不全ととても深く関係しています。ペニスが勃つにはスムーズな血液の流れが必要です。血流が悪いと海綿体が十分に膨張・硬化することができませんので、十分な勃起ができなくなってしまいます。命はもちろん、EDの危険性もある糖尿病はなんとしても予防すべきです。

ちょっとした食の知識で予防をする!

予防のためには食事を改善することが重要です。健康的な食生活であれば肥満を防止し、糖尿病の危険性を減らします。まず最初の一歩として甘いものや脂っぽいものは控えるようにしましょう。糖分の高いものやコッテリしたものは肥満の原因になりやすい食品です。まったく食べないのはバランス的に悪いですが、必要以上に摂取しないよう気をつけましょう。
野菜をしっかりと食べることも大切です。野菜は食物繊維が豊富ですから余分な毒素や脂質を排出し肥満を防ぐのに役立ちます。カロリーも肉類などに比べたら大幅に少ないものですが、その割に質量が大きいので満腹感があります。だいたい1日に350gくらいを目安に食べるようにしましょう。もちろんそれ以上食べても大丈夫です。
最後に、食品ごとのエネルギーをチェックするようにしましょう。「いちいちカロリーを覚えるのは大変」と思うかもしれません。実際に全部記憶していたら頭はパンクしてしまいますが別にすべて覚える必要はありません。ネットやスマホ・タブレットなどを使えばすぐにカロリーはわかります。食品によってはカロリー表示されているものもあります。そのつど簡単にチェックをすればいいだけです。だいたいの目安を知っておけば、食べすぎを防ぐことができます。慣れてくれば良く食べるもの、たとえばご飯などはだいたいのカロリーを覚えられることでしょう。まずは実践してみてエネルギーを気にするところから始めていってください。

また最近では、糖尿病予備軍の方に対して、断食が有効であることが分かってきています。
断食をすることで、体内の血液や代謝などが正常化し、糖尿病の原因となるインスリン抵抗性が大幅に下がるという研究結果が発表されています。
断食について

糖尿病の予防のためには肥満にならないことが大切です。ちょっとした知識を知っておけば、意外と簡単に食生活は改善できるでしょう。食について興味を持って、自分の体を守りましょう。EDも防いで元気な中年を目指してください!