home HOME → 糖尿病を未然に防ぐ → 生活にちょっとひと工夫!運動不足解消で糖尿病を防いでいこう!

生活にちょっとひと工夫!運動不足解消で糖尿病を防いでいこう!

ひと工夫 中年男性の多くは運動不足でカロリーの消費が減っているため肥満になりやすいといえます。「痩せたいけど…」とは思っていても運動しないのにはわけがあります。スポーツに割く時間がなく、体が衰えついていけないためです。ところが実は痩せるためには必ずしも激しい運動である必要はありません。スポーツでなくても生活で工夫をすれば肥満を解消することが可能です。糖尿病予防のためにもちょっとした生活のコツを学んでいきましょう!

食事制限だけでは十分とはいえません

なぜ歳をとると太りやすいのか?それは筋力が低下し基礎代謝が減少してしまうためです。運動不足によってさらにカロリーは消費できなくなってしまいます。ほかにも「時間がない」「体がついていかない」などエクササイズをしない理由はいろいろ考えられますが、楽をして食事制限などでなんとかしようとする人がほとんどでしょう。確かに食を変えれば痩せることはできますが、それだけでは十分とは言えません。運動をしないと筋肉がつきにくく、むしろ減っていきます。体重が減少したとしても、脂肪が多い体になってしまいますから「かくれ肥満」の状態にになり、見た目が痩せても基礎代謝は少なくなってしまいます。食を改善しても徐々に効果が薄れていってしまうので、やはり運動はするべきです。

生活にひと工夫するだけでOK!

痩せるためには、必ずしもスポーツをする必要はありません。激しい運動でなくても、生活上での工夫があればカロリーは消費できます。たとえば外出時は1本道を遠回りするだけで違いますし、早歩きにすればより消費できるでしょう。通勤時も少しだけ早起きして隣駅まで歩いてみることをおすすめします。週に1度でもかまいません。テレビを見ながらストレッチや筋トレをしてみてもいいでしょう。「ながら運動」でもかなり効果はあります。時間が取れるならプールも効果的で、たとえ泳げなくても歩くだけでもOKです。地上に比べて倍以上のエネルギー消費が期待できます。ほんの少しの工夫でかまいませんので、日常に運動を取り入れるようにしましょう。激しい運動をせずとも、カロリーは消費でき痩せやすい体になっていきます。

恐ろしい糖尿病を防ぐために

糖尿病は恐ろしい病気で放っておけば必ず合併症を引き起こしてしまいます。血管や神経の機能を低下させ、脳卒中など命にかかわる病気になりかねません。そうなれば失明や人工透析での病院通いをしなくてはいけなくなりますし、ペニスの機能が低下しEDの引き金にだってなります。もちろん太ったままではいけませんし痩せていても「隠れ肥満」では意味がありません。生活に一工夫するだけで、健康的な日常は守られます。ぜひ頑張ってください!