home HOME → 糖尿病を未然に防ぐ → 調理工夫で肥満を解消

調理の工夫で肥満を解消!糖尿病は予防できる!

調理の工夫 肥満にならないことが糖尿病の予防につながります。現在すでに太っているならば痩せることが第一です。「そう簡単には行かないよ…」確かに肥満の解消は言うほど簡単ではありません。ダイエットも続けるのは大変なことです。まずは調理に工夫をしてみましょう。ちょっとしたコツだけで、肥満の解消に大きな一歩となります。

糖尿になるのは仕方のないこと?

消費カロリー 中年男性が太ってしまうのは仕方のないことです。歳をとると筋力が落ちてしまいます。時間がなくて運動不足になることもあるでしょう。基礎代謝が減り、1日の消費カロリーが少なくなれば肥満になるのも当然です。
メタボ状態になると糖尿病の確率が一気に高くなりますし、発症すると様々な合併症を引き起こしてしまい健康も悪化してしまうでしょう。
症状が進んでいくとEDの引き金にもなります。自律神経に障害が出てしまい、勃起の命令が伝わりにくくなってしまうためです。ペニスが役に立たなければ性生活も楽しめませんから、EDを防ぐためにも糖尿病の予防は必要です。

調理のちょっとした工夫で肥満解消!

メタボな体型を変えていくのは容易なことではありません。ダイエットをしようにも「何をしたらいいかわからない」「やっても続かない」という人は少なくありません。急に痩せようとしても無理があります。
まずはちょっとした工夫から始めていきましょう。実は調理のコツを知ってしまえば徐々にスリムになることが可能です。たとえば盛り付け方に気をつけてみると良いでしょう。大皿料理や丼ものはダイエットに向きません。なぜなら、「どれだけ食べたか」がわかりにくく、結果的にたくさん食べてしまうためです。特に丼ものはご飯の量も多く、カロリーは非常に高くなっています。主食とおかずはちゃんと分けるようにしましょう。
味付けも工夫が必要です。中年男性の多くは「濃い味付け」のものが好きかと思います。強い味はご飯を多く食べる原因になります。カロリーや糖質を多く摂ることになってしまうでしょう。薄味にしていけば主食を相対的に減らすことができます。物足りないと感じるならば、ダシをしっかりとるようにしましょう。味に深みが出て、薄い味でも満足感を得られます。調味料の使い方も実は重要です。マヨネーズやドレッシングは脂質が多い食品です。醤油は塩分が高く糖尿病以外の生活習慣病にも危険です。調味料の量を減らすようにしましょう。直接料理にかけると多くなってしまいます。料理の脇に盛り付けて、つけて食べると良いでしょう。

ダイエットはそう簡単なことではありません。まずは調理をちょっとだけ工夫することから始めてみましょう。簡単なコツでも積み重ねれば肥満解消、糖尿病予防につながります。続けていって健康的な中年を目指していきましょう!