home HOME → 糖尿病を未然に防ぐ → 基礎代謝を上げて肥満を解消しましょう

基礎代謝を上げて肥満を解消しましょう

基礎代謝 肥満はさまざまな生活習慣病を引き起こします。2型糖尿病とも深い関わりがありますので、日頃から肥満を解消するように努めることをおススメします。そうすることによって糖尿病の発症を予防することができますし、その他の疾患にも効果が期待できます。

自身の標準体重や1日に摂取するべきカロリー、基礎代謝などを把握するとともに食生活の改善や運動を行いましょう。

標準体重

標準体重は、22×身長(m)×身長(m)の計算式で求められます。肥満傾向にある方は、まずは標準体重に近づけるように努めましょう。 体重を測る際、なるべく時間を決めて測定することをおススメします。体重はちょっとしたことで変動しますので、1日のうち体重を測定するタイミングを定めておくようにしましょう。

1日に摂取するべきカロリー

1日に摂取するべきカロリーは、標準体重×25㎉です。身長170㎝の方で例えるなら標準体重は63.58ですので、63.58×25㎉で1589.5㎉になります。これを1日3食なので3等分してそれぞれの食事で摂取するカロリーを設定しましょう。

食生活の改善をしましょう

食生活の改善は糖尿病治療の基本であると同時に肥満を解消するうえでも大切なことですので意識しておきましょう。

運動をしましょう

運動は食生活の改善と同様に肥満を解消するうえで大切です。これまで運動をする習慣が全くなかった方も、無理のない範囲内で少しずつ取り入れていきましょう。

基礎代謝を上げましょう

基礎代謝は人が生きていくうえで必要最低限のエネルギー量のことで、日中の活動に必要なエネルギーは生活活動代謝と言います。基礎代謝と生活活動代謝を合わせた代謝量が、1日の総消費エネルギーで基礎代謝が占める割合は約70%なのですが、基礎代謝は加齢に伴って低下することから、1日の総消費エネルギーは年齢とともに減少していきます。

若い頃と同じ量を食べた場合、カロリーや糖の消費が十分にできないことから肥満を引き起こし糖尿病のリスクを高めますので、日頃から基礎代謝を上げることを意識しておきましょう。

基礎代謝を上げる方法

基礎代謝を上げる方法としては、鶏のささみや白身魚といった低脂肪のたんぱく質を摂取することやよく噛んで食べること、水分の摂取や運動などがあげられます。 よく噛んで食べることによってカロリー燃焼率が約10%アップしますので、日頃から噛むことを意識して食事を摂るように心がけましょう。

人は加齢に伴って基礎代謝が低下する傾向にありますので、日頃から代謝が高まるように努めることが大切です。そうすることによって肥満の解消に繋がりますし、糖尿病のリスクを低下させるとともにさまざまな疾患の予防にも繋がっていきます。 基礎代謝を上げるためにも食生活の改善や適度な運動を行いましょう。食後30分から2時間は健康な方であっても血糖値が上昇しますので、この時間帯に運動を行うと効果的です。

何も考えずに好きな物を好きなだけ食べていたり、運動を全くしないといった生活を続けることによって糖尿病のリスクは高まるばかりです。日頃から基礎代謝アップを心がけて肥満の解消を意識すると、糖尿病はもちろん全身の健康に繋がっていきますので、積極的に取り組んでいきましょう。