home HOME → 糖尿病でもEDは改善できる! → 副作用が怖い、糖尿病治療中はOK?バイアグラの疑問・不安を解決しよう!

副作用が怖い、糖尿病治療中はOK?バイアグラの疑問・不安を解決しよう!

バイアグラ 「糖尿病の治療中にED改善薬は大丈夫だろうか…」意外とこんな不安を感じている人は少なくありません。バイアグラも薬ですから当然副作用は存在しますが、基本的には命に別状はありません。正しく副作用などについて知って、勃起力を取り戻していきましょう。

バイアグラの副作用が怖い

中年になると生活習慣が乱れ、太りやすくなりますから、糖尿病にもかかる人が増えてくるでしょう。糖尿病を含む生活習慣病はEDを引き起こす原因になります。そんな中、「EDを改善したいけどバイアグラの副作用が怖い」と思っている人は少なくありませんし、糖尿病に影響しないか不安を感じている人もいます。実際のところ、バイアグラの副作用はどんなものなのでしょうか?

ED治療薬の副作用とは?

どんな薬でも副作用は必ず存在しており、バイアグラなどのED治療薬にもちろんあります。代表的な例だと動悸・頭痛・鼻づまり・目の充血などが起こることがあります。しかしもしこれらの副作用が出ても心配することはありません。「薬が効いている証拠」だからです。ED治療薬は血管を拡張させて血流を高める作用があり血行が普段よりも良くなるため、目が充血したりするわけです。命にとって危険性はありませんし、むしろ効き目が出てきた合図とも言えます。副作用があっても恐れる必要はまったくないわけです。

乗り換えしてみるのもあり!

「副作用がキツイ!」と感じる場合は成分の軽いものを選択することもできます。50mgのものから25mgのものに乗り換えるという方法ですが、効果は弱くなりますがそのぶん副作用も抑えられます。他にもバイアグラからシアリスに代えてみてもいいかもしれません。じっくりと効果がでるため副作用もそのぶん少なくなります。「頭痛がひどくてHに集中できない」なんて場合は、医師に相談していろいろな方法を試してみましょう。

糖尿病治療中にED薬はOK?

糖尿病の治療中でも服用に関しては基本的に問題ありません。運動療法や食事療法などの場合は、通常の生活と変わらないためです。生活習慣を改善しているだけなので、薬の飲み合わせは心配する必要はありません。薬物治療中であっても一部の飲み合わせが禁じられている薬品を服用していなければ大丈夫と考えられます。もし不安がある場合はバイアグラの処方を受ける前に医師に相談してみてください。専門家の知識によって正しい判断をしてくれます。もし何らかの異常を感じた場合もすぐに相談しましょう。副作用があっても医師とのコミュニケーションがあれば何の心配も必要ありません!

薬である以上バイアグラにも副作用は存在します。基本的には想像しているほど大きな影響はありません。当然命にだって別状はないでしょう。糖尿病治療をしていても大丈夫です。心配ならば医師にしっかり相談する。そのスタンスさえできていれば何も恐れることはありません!