home HOME → 糖尿病について → 肥満と2型糖尿病の関係性

肥満と2型糖尿病の関係性

肥満 体に余計な脂肪がついてしまうことは、大きな病気を患ってしまう可能性を高めます。そのひとつが2型糖尿病なのです。肥満体型と糖尿病について理解しておくことで、標準体型を維持することを意識した生活を送ることができるかもしれません。

肥満体型と2型糖尿病は関係があるの?

2型糖尿病になる要因は色々あって、そのひとつが運動不足や食生活の乱れによって肥満体型になってしまうことです。なぜ肥満体型と2型糖尿病が関係しているのかというと、必要以上の脂肪が体内に蓄積されてしまうと、すい臓に大きく負担をかけてしまいます。すい臓のインシュリン分泌に障害が起こってしまい、2型糖尿病の原因になってしまうのです。

もちろんまだまだ研究途中なので、原因がはっきり解明されているわけではないようですが、実際に2型糖尿病を患った方の中には太っている方が多いのは事実のようです。もちろんすべての人が肥満体型というわけではありません。標準体型でも2型糖尿病を患ってしまった方はいらっしゃいます。インシュリンを体の外に排除しようとすることを余計な脂肪が邪魔していることが原因のひとつであることは分かっているので、すい臓の働きが過剰になることにより2型糖尿病を患う原因になることは確実のようです。

悪い太り方が2型糖尿病に影響してる?

脂肪がどれだけ自分の体についているか、体脂肪率を量れば一目瞭然ですが、実は脂肪の量だけが問題ではないようです。どこにどれだけの量の脂肪がついているのかが問題と言われています。

脂肪と言っても例えば下半身が太くなった場合は皮下脂肪の脂肪細胞自体が増えていきます。脂肪細胞の数が増えるということですね。これに比べて上半身いわゆる内臓脂肪の場合はひとつひとつの脂肪細胞そのものが大きくなります。これは大きな違いですね。そして悪い太り方と言われてしまうのが、肝臓に余分な脂肪がついてしまうタイプなんです。

肝臓に脂肪がつくとインシュリンの代謝が上手にできなくなってしまいます。その結果として高血糖を導いてしまいます。ちなみに肝臓につく脂肪についてですが、内臓についた脂肪は遊離脂肪酸という物質を生み出して、これが肝臓に入ることで肝臓にべったりと脂肪がついてしまい、2型糖尿病を引き起こす原因になったり、場合によっては心血管病を招いてしまう怖い状態なのです。

日本人は白人に比べると2型糖尿病になりやすいと言われていますが、これはそもそも人種が違うことも関係しているようです。インシュリンに対する体の反応が違うのです。日本人はかつて和食を中心とした食事がメインでしたが、食事が欧米化した結果、体が欧米化の食事に対応できないままでいます。そのためカロリーの高い食事を続けていくと必要以上に脂肪を蓄えてしまうのですね。

余計な脂肪をつけないといっても日ごろから運動が苦手、食べることが大好きという場合は難しいかもしれません。しかし、病気を患ってしまっては大変です。もし患ってしまった場合でもやはり肥満体型はなんとかしなければならないでしょう。運動といってもストレッチやラジオ体操などを継続的に行うだけでも効果的なので、ぜひ今日から初めてみましょう。