home HOME → 糖尿病について → 糖尿病の種類

糖尿病にはいくつかの種類があります!

糖尿病の種類 中年になると健康への心配が出てきます。肥満体質になり、病気になりやすくなるためです。糖尿病は中年世代にとって特に不安の種で、非常に多くの肥満中年が糖尿で悩んでいます。ところがひとくちに「糖尿病」といってもいろいろな 種類 があります。自分はどんなタイプなのかを知って、治療や対策に役立てていきましょう。

糖尿病になるとエネルギーが正しく使えない

エネルギーが正しく使えない 糖尿病は血糖値があがってしまう症状で、かかると血中のブドウ糖濃度が高まってしまいます。血糖の値を調整するインスリンが不足・作用の低下が原因です。本来ブドウ糖は体のエネルギーとして働く、筋肉や内臓、脳に使われるガソリンです。しかしインスリンが異常な状態になると、糖が使われなくなってしまいます。脂肪やグリコーゲンなどエネルギーに変換することができなくなってしまうわけです。血中にブドウ糖が溢れてしまうようになるため、結果として「血糖値があがる」という状態になってしまうわけです。エネルギーが正しく使えない状態、それが糖尿病です。

2型糖尿病

糖尿病にも実はいろいろなタイプがあります。最も多いのは「2型糖尿病」と呼ばれるもので日本の患者の中で95%以上が2型に分類されます。インスリンの分泌量が極端に減ってしまう症状があり、たとえ分泌されていても働きが悪くなることもあります。インスリンの作用が弱まると、筋肉や内臓などの細胞にうまくエネルギーを供給できなくなってしまいます。どちらの場合も、使われないブドウ糖が血中に溢れてしまうことでしょう。食生活の乱れや運動不足からくる肥満が大いに関係しています。食事制限や適度な運動をしていくことが必要です。

1型糖尿病

国内では少数派ですが「1型糖尿病」というものもあります。すい臓にはインスリンをつくる細胞「β細胞」がありますが、何らかの理由で機能低下・破壊されると体内のインスリン量が大きく不足します。そのため血糖値があがってしまうものです。子供のころに発症することが多いため「小児糖尿病」などと呼ばれていましたが、現在では1型糖尿病として分類されます。運動や食事療法だけでは対処できず、インスリン注射による治療が必ず必要になります。 遺伝子異常や他の病気によって引き起こされることもあります。すい臓・肝臓などが病気になると、機能が大きく低下しインスリンが分泌されにくくなり、血糖値が上がります。感染症や免疫異常、薬剤による影響でも糖尿病になる可能性があります。先天的なものは別として、不健康な肉体はかかりやすいことは間違いありません。

一口に糖尿病といってもいろいろとあります。基本的には2型ですが、必ず医師の診断によって判断をしましょう。治療や対処法に若干の違いがあります。違いを正しく知っておきましょう。