home HOME → 糖尿病について

糖尿病特有の「三大合併症」

三大合併症 糖尿病は放っておくとさまざまな合併症を引き起こしてしまいます。特に注意したいのが「三大合併症」と呼ばれるものです。糖尿病特有のもので、放っておけば重大な症状が体に表れます。身体機能が失われ、健康的な生活を送ることが叶わなくなるでしょう。早めの治療が大切です。

病気になりやすい肉体

病気になりやすい肉体 糖尿病の恐ろしさは合併症にあります。血流の悪化や免疫力の低下で病気になりやすい体になっていますが、発症初期こそ自覚症状はほぼありません。だからといって放っておくと多くの病気の引き金になってしまうわけです。特に注意したいのが糖尿病特有の三大合併症です。治療を放っておくと数多くの弊害が体に起こってしまうでしょう。

目が見えなくなってしまう!

糖尿病を放っておくと目に異常をきたす恐れがあり、糖尿病網膜症という症状がその原因です。糖尿になると血液の流れが滞り、目への血流も悪くなり影響が出てきてしまうんです。糖尿病網膜症になると眼球の奥にある網膜の血の巡りが悪化することになります。視力が弱まりだんだんと目が見えなくなってしまうでしょう。最悪の場合は失明や白内障になる恐れがあります。目が見えなくなることは人間にとって大きな障害です。糖尿病を放っておくと日常生活が困難になってしまうわけです。

おしっこがだせない!?

糖尿病腎症という合併症もあります。糖尿病になると腎臓の中にある糸球体の毛細血管の状態が悪くなってしまいます。臓器のもつろ過機能が低下し大きな悪影響が及び、尿がスムーズに作れなくなってしまいます。おしっこは人間にとって大切な排泄手段です。体に不必要な成分を排出し、健康的な状態を維持しまするための尿をつくる腎臓が悪くなると人間に害のある成分が溜まってしまいます。一度かかってしまうとこの機能は戻ることがありません。人工透析によってしか毒素排出が出来なくなってしまうわけです。週に2~3回、一生病院に通う日々。普通の日常生活を送れなくなるのは間違いありません。

自律神経障害でEDに!

合併症の中でも最も早く出てくるのが糖尿病神経障害です。手足などの末梢神経が痺れてきます。悪化するとケガをしても気が付かないくらいに感覚がマヒします。さらには筋肉萎縮、胃腸の不調、異常な発汗などが出てくるようになるでしょう。自律神経を大きく悪化させてしまうことが原因ですが、実はそれがEDの要因にもなります。神経異常によって勃起を正しくコントロールできなくなってしまうためです。放っておけば男性としての機能を失うことになってしまいます。

三大合併症は糖尿病の発症から10年~15年で症状が出てきます。「けっこう長い」と思うかもしれませんが、楽観はいけません。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」ということわざ通り、糖尿病の診断が下されてから時間が経てば、いずれ記憶から消えてしまいます。そのまま生活習慣を改善せずにいて、体に何らかの異常、たとえば「勃起しない」と気づいたときにはもう遅いです。早めの治療や対処を心がけていきましょう。