home HOME → 糖尿病について → 糖尿病は合併症の引き金に!

糖尿病はさまざまな合併症の引き金に!

EDから身を守る 糖尿病は絶対に放っておいてはいけない病気です。はじめのうちは症状もほとんど感じられないため軽視しがちです。治療をしないで長年過ごしてしまう人も少なくありません。しかしそのままにしてしまうと命にかかわる危険性が出てきます。様々な合併症を引き起こし、日常は大きく狂ってしまいます。実は男性にとって最も大切な「勃起力の低下」もあり得ます。EDから身を守るためにも糖尿病は治療をするべきです。

糖尿を軽視する中年世代

糖尿を軽視する中年世代 たまたま受けた健康診断で「血糖値の異常」を知っても、ほとんどの人は「そうなんだ」くらいにしか思いません。「ついに糖尿病になっちゃった」と話のネタにするようなこともあります。なぜ多くの人は糖尿病を軽く考えてしまうのでしょうか?実は初期症状がほとんどなく、日常に影響がないためです。何も感じないのでついつい「軽い気持ち」でそのまま過ごしてしまうわけです。しかし糖尿病は笑い話で済まされるものではありません。症状が悪化すれば命にかかわる危険があります。

様々な合併症の引き金になる

放っておくとどうなるか?糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす原因になります。免疫力が低下するため、皮膚病などになりやすくなります。各種感染症にもかかりやすくなるでしょう。たとえば糖尿病患者は風邪をひきやすく治りにくい傾向にあります。神経に影響が出て手足のしびれが現れる場合もあります。感覚が鈍くなり、ひどくなると壊疽などを引き起こす可能性もあります。最も恐ろしいのは脳卒中や心筋梗塞などの引き金になる点です。糖尿病になると血管が弱くなり、血流が滞るようになりますから、体にとって必要な血液が流れなくなれば命を落とします。放っておけば「たかが糖尿病」では済まされない事態になってしまうわけです。

男のプライドを奪う糖尿病

実はEDの引き金にもなるのが糖尿病です。ペニスには血液の流れがとても大切です。通常は陰茎海綿体が血を吸って、膨張・硬化して勃起が可能になります。血流が滞れば「十分に硬くならない」「途中で萎えてしまう」「まったく勃たない」などEDの症状が出てしまうわけです。糖尿病は血管を弱らせてしまいますから、傷をつけ血栓を増やすことにもなります。血流が詰まれば大きくストレスがかかり、動脈硬化など危険な状態になりえるでしょう。血管の健康が悪化してしまった状態では、とても勃起なんてできません。糖尿病はEDをも引き起こす恐ろしい病気といえます。

糖尿病はたくさんの合併症の引き金になります。健康的な生活だけでなく、勃起力さえ奪ってしまう恐ろしいものです。大切な日常を守るためにも、ぜひ治療・対処をしていきましょう。