home HOME → 糖尿病について → 血糖値が平均より悪いと体でどんな悪さをするのか

血糖値が平均より悪いと体でどんな悪さをするのか

血糖値 血糖値が標準数値より大幅にでていると、それは体にとって悪い影響を受けている状態と判断されます。血糖値が高いことは危ないという認識がありますが、実は低い状態も非常に危ないのです。ここでは血糖値の低い状態のときと高い状態のときについてお話していくことにしましょう。

血糖値が低いときの状態

血糖値が低い状態を低血糖状態と言います。おなかが空いているときは低血糖状態になっていますが、これは体の中のエネルギーが不足している状態になっているためなのです。私たちの脳は血糖をエネルギーに変えて動いています。そのため、低血糖になると脳がしっかり働いてくれないので、ぼーっとした状態になるんですね。例えば仕事中や勉強中などに甘いものが食べたくなるのは、脳が糖を欲している症状でもあります。チョコレートなどを食べて糖を補うと低血糖状態を脱することができます。

糖尿病の治療を行っている際に、薬が効き過ぎることで低血糖になってしまうこともあります。低血糖になると私たちの体の中ではアドレナリンが分泌されるのですが、これによって気持ちが攻撃的になってしまい、イライラした状態に陥ります。おなかが空くとイライラするというのは理にかなっているわけですね。血糖値が高いと糖尿病になりやすいというのは皆さんご存知の通りですが、実は血糖値が低い状態が長く続くことでも発症する怖い病気ということを覚えておいてくださいね。糖質を抜いたダイエットなども話題になりますが、一切糖質をとらないというのは体に大きな負担をかけているのです。

血糖値が高いときの状態

ご存知のように、血糖値が高い状態が続くと糖尿病を発症してしまいます。糖尿病になるとインシュリンの分泌が極端に少なくなってしまいます。そのため、血液の中のブドウ糖がしっかり処理されない状態になり、その結果血糖値が高くなってしまうわけです。血糖値が高くなってしまった結果として、血圧が上がります。そのわけは、血液の中のブドウ糖をどうにかして体の外に排出させようとするわけですね。それにはインシュリンの働きが必要不可欠になります。これに伴い腎臓の働きに大きく影響を及ぼします。必要以上に腎臓が頑張った結果、血液中に水分がたまりやすい状態に陥ります。そのため高血圧になるという仕組みなのです。

血糖値が高いと体重が増えやすくなるというデメリットも生まれます。そのわけですが、通常健康な人の体では血糖値が低いとおなかが空いたという感覚になり、ご飯を食べたあとに血糖値が高くなるのが一般的です。ところが、高血糖状態が長く続くと、ご飯を食べたあとなのに空腹感が続く状態になってしまいます。ダラダラ食べることで標準体型を大きく上回ってしまうというわけです。

血糖値について、いかがでしたか? 血糖値が高いのはマズイと分かっている方は多いものの、血糖値が低いことが危ないと認識している方はまだまだ少ないようです。人間の体は栄養をバランスよくとることで健康が保たれます。今回のお話でそれがお分かりいただけたのではないでしょうか。糖質は多くとっても少なすぎても駄目ということです。バランスのいい食事を心がけましょう。